スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【緊急】要望書:Sopexa Japonは違法なイスラエル入植地ビジネスに協力しないでください

Sopexa Japon(フランス食品振興会) 日本代表 Charles Durand 様  イスラエルプロ向けワインセミナー&試飲会ご担当 様
【緊急】要望書:Sopexa Japonは違法なイスラエル入植地ビジネスに協力しないでください
時下ますますご清栄のことと拝察いたします。 さて、私たちはパレスチナ/イスラエルにおける公正な平和を求める市民の立場から、イスラエル大使館のウェブサイトで広報されている「イスラエルワイン プロ向けセミナー&試飲会」(12月4日開催)で、貴団体・Sopexa Japonが運営者・申し込み先となっていることに深く困惑せざるを得ません。というのも、ウェブサイトに掲載されている出展予定のワイン会社の多くは、パレスチナ西岸地区およびゴラン高原で違法に建設されているイスラエル入植地に深く関わっていることが広く知られている企業だからです。
イスラエルの平和団体 Who Profits from the Occupation が発行したレポート Forbidden Fruit: The Israeli Wine Industry and the Occupation(2011) は、今回のイベントに出展する以下の企業が違法な入植地で企業活動を行っていることを指摘しています。さらには、今回のセミナー講演者はそのうちのGolan Heights Wineryのチーフ職人です。
Carmel Winery グシュ・エツィオン入植地などにブドウ園を所有Golan Heights Winery Ltd. ゴラン高原の入植地に多くのブドウ園を所有Psagot Winery プサゴット入植地とピスガットゼエヴ入植地にブドウ園を所有Teperberg Winery メヴォ・ホロン入植地にブドウ園を所有Tura Winery レシェリム入植地にブドウ園を所有Yatir Winery スシヤ入植地のブドウ園のブドウを使用
ご存じの通り、イスラエル入植地はパレスチナ占領地の資源を収奪し、人々の移動の自由を侵害し、和平の実現を妨げるものです。日本政府はイスラエルの入植活動を国際法違反であるとして厳しく批判する立場に立っており、入植地ビジネスを終結させるべきとする国連人権理事会の決議にも賛成票を投じています。さらに、外務省ホームページの「イスラエル国基礎データ」のページには、「…
最近の投稿

【緊急】要望書:八芳園は違法なイスラエル入植地ビジネスに協力しないでください

株式会社 八芳園 代表取締役社長 長谷 晴義 様          宴会場・会議室ご担当 様

【緊急】要望書:八芳園は違法なイスラエル入植地ビジネスに協力しないでください

時下ますますご清栄のことと拝察いたします。 さて、私たちはパレスチナ/イスラエルにおける公正な平和を求める市民の立場から、イスラエル大使館のウェブサイトで広報されている「イスラエルワイン プロ向けセミナー&試飲会」(12月4日開催)で、昨年に引き続き今年も貴社・八芳園が会場となっていることに深く困惑せざるを得ません。というのも、昨年、大阪会場として予定されていたジェトロ大阪が市民からの要望を受けて、開催2日前であっても急遽会場提供の中止を決定した経緯を、貴社は当然ご存じであろうと思うからです。(よって今年は大阪会場は予定されていません。) [参考]ジェトロ大阪、イスラエル大使館主催ワインセミナーへの会場提供を中止! http://palestine-forum.org/doc/2016/1130.html
昨年同様、イベントウェブサイトに掲載されている出展予定のワイン会社の多くは、パレスチナ西岸地区およびゴラン高原で違法に建設されているイスラエル入植地に深く関わっていることが広く知られている企業です。 イスラエルの平和団体 Who Profits from the Occupation が発行したレポート Forbidden Fruit: The Israeli Wine Industry and the Occupation(2011) は、今回のイベントに出展する以下の企業が違法な入植地で企業活動を行っていることを指摘しています。
Carmel Winery グシュ・エツィオン入植地などにブドウ園を所有Golan Heights Winery Ltd. ゴラン高原の入植地に多くのブドウ園を所有Psagot Winery プサゴット入植地とピスガットゼエヴ入植地にブドウ園を所有Teperberg Winery メヴォ・ホロン入植地にブドウ園を所有Tura Winery レシェリム入植地にブドウ園を所有Yatir Winery スシヤ入植地のブドウ園のブドウを使用
ご存じの通り、イスラエル入植地はパレスチナ占領地の資源を収奪し、人々の移動の自由を侵害し、和平の実現を妨げるものです。日本政府はイスラエルの入植活動を国…

東京レインボープライドに対する回答要請申入書

NPO法人東京レインボープライド ならびに
東京レインボープライド2017運営委員会 御中

貴団体、東京レインボープライド(TRP)は、当会からの公開質問状(5月17日付)の4つの質問に対し、本日7月18日現在、いまだ回答されていません。 6月7日に当会からお送りしたメールでは、回答期限を6月28日とお示ししましたが、これについて貴団体TRPから期限を延期したい等のご連絡も届いていません。
質問状をお送りしてから2ヶ月以上が経っておりますが、このように回答が遅れている理由は何でしょうか? いつまでに回答いただけますか、お知らせください。
当会の6月7日メールでは、貴団体TRPから5月30日に送られた返信メールの大きく誤った記述内容についても指摘済みです。 すでに指摘しました通り、「誤り1」として、救護車両の危険行為についての、貴団体TRPの非現実的な記述に対し、改めて実際の状況を記しました。 「誤り2」としては、パレードからの強権排除行為について、貴団体TRPが警察を消去していること、また現実からかけ離れた「誘導」という言葉を使った欺瞞を指摘しました。貴団体TRPの記述が公開した動画と矛盾するのは誰が見ても明らかです。(当会からの質問1と4は、公開した動画にも記録されている赤いベストを着たスタッフの方と警官に関わる事実に基づくものですが、別の動画には青いベストを着たスタッフの方が警官と話す様子も記録されています。)
まずは上記の明白な「誤り」をきちんと訂正して説明責任を果たしてください。貴団体TRPの「誤り」は、同じ事実に立脚した上での立場が異なるゆえの認識のずれではありません。貴団体TRPの記述は、事実の捏造・歪曲であり、虚偽の内容です。 このような不正は、プライドの主催団体にとってあるまじきことではないでしょうか。
回答が遅れている理由および回答の期日を7月26日までにお知らせいただき、4つの質問に対して誠実に回答をいただきますよう重ねて申し入れます。
2017年7月18日 プラカとか作るフェミとLGBTの会

RE:パレードでの一部参加者追い出しについての公開質問状(2017年6月7日付)

NPO法人東京レインボープライド ならびに 東京レインボープライド2017運営委員会 御中

返信いただきありがとうございます。 しかしながら、5月31日付でいただいた返信メールの内容には大きく2点、事実として間違いがあります。また、お尋ねした4つの質問にもお答えいただいていません。まずは起こった事柄を再度ご確認ください。その上で当会の質問にお答えください。
誤り1 ………… 返信メールにある「プラカとか作るフェミとLGBTの会」(以下「プラカの会」)と救護班車両の位置についての記述には誤りがあります。「プラカの会」が横断幕を持って車道を歩くパレードに加わった際には、隊列のグリーンバード付近の位置にその前方から並行するかたちで入っています。返信メールの記述の通り「プラカの会」が、「パレードの隊列に続く救護班車両の左側を並行行進しはじめ」たのであれば、「プラカの会」は合流し始めたところから救護班車両のすぐ近くにいたことになりますが、そのような状況にはありませんでした。
パレード合流後、しばらくして「プラカの会」の先頭の横にグリーンバードの先頭が並ぶようになると「プラカの会」と並行してばらけて歩いていたグリーンバードの人たちが前方に来るようにと呼ばれました。その人たちが小走りで前につめていき、全員が「プラカの会」を追い越したので、グリーンバードの最後列の後ろに「プラカの会」の先頭が並ぶ位置になりましたが、それと同時に、それまでパレードを歩く隊列より後ろを走行していた救護班車両が競り上がってきて「プラカの会」の横を走行し始めました。合流直後には「プラカの会」より後ろに救護班車両が位置していましたが、その後はパレードの行進が何度か停止したり再び進み始めたりしたようなときも、救護車両は「プラカの会」の後ろで留まるようにはせず、ずっと10分前後の間、ごく近い距離に付けて走行し続けました。
誤り2 …………